スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲仁田山から二子山雄岳

右から以前、登った枝尾根を合わると、右に捲道を発見しました。
獣道程度の細い踏み跡ですが、たどってみると、緩やかな登りで尾根に出たので、かつての登山道だと思われます。
消えゆく登山道ってこういうものなんだろうな…。

秋には紅葉が素晴らしい尾根ですが、新緑も見事です。
山頂直下では、前回見られなかったガクウツギが咲いていて、時の流れを感じます。

二子山雄岳へ向かって歩いていたら、トレランさんが走って来ましたよ。
こんなマイナールートに珍しいなと思い、声をかけたら武甲山まで!
と聞こえてきました。
一瞬、我が耳を疑い、甲仁田山から武甲山へ行けるのかな?
とも思いましたが、「次の山はどこですか?」と聞くと、「焼山」ということで、道を間違えているということを教えてあげました。
うっかり迷い込む人もいるほど、明瞭な踏み跡があるんですよね。
かつての登山道ですから。
山頂よりも眺めの良い岩場で休憩します。

s8910013.jpg


s8910015.jpg


s8910016.jpg
甲仁田山旧登山道

s8910021.jpg
二子山直下の岩場

s8910023.jpg
岩場から武甲山を見下ろす

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。