スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正丸の雨乞山

2015.5.20(水)曇り時々晴れ
6:00~12:30
正丸駅~不動堂~雨乞山~松茸山~旧道~706m点~旧正丸峠往復~サッキョ峠~虚空蔵峠~牛立久保~刈場坂峠~ツツジ山~刈場坂峠~刈場坂林道~正丸駅

さすがに暑くなって来ましたね~。
今回は、正丸駅から刈場坂峠を目指しますよ~。
旧正丸峠への道に入って八坂神社から不動堂へ進みます。
この辺りは道が入り組んでいるので注意が必要です。
不動堂の脇にはいくつか石仏があったので、時間がある時にでも調べてみようと思います。
西善寺へも道が繋がっているようなんですよ。

s8880022.jpg
不動堂

不動堂の脇から踏み跡をたどります。
薮があると思ったのですが、植林の中に踏み跡が続いており安心しました。
湿度が高くてかなりムシムシします。
こんな尾根にもお約束の大岩が出て来て楽しませてくれます。

s8880033.jpg
大岩

右へ踏み跡が反れて行き、ガードレールの切れ間から旧道に出ます。
つづきの尾根を歩きたいのですが、どこも高い擁壁です。
左と右に行ったり来たりしましたが見つかりません。

s8880034.jpg
旧道に出る

s8880036.jpg
これを登るの~?

ん?なんか階段のようなものがあるな~。
これしかないでしょう。
おそるおそる足を乗せたら、なんとか上がれそうです。
下りは残置ロープがないと怖そうですね~。
上の方が角度が急なので、木につかまって体を持ち上げました。

擁壁登りが終わってヤレヤレ…と思ったのもつかの間で、目の前に急斜面がそそり立っております。
どこを歩いても、足がつりそうです。
踏み跡がいくつか錯綜しているので注意が必要です。
できるだけ緩やかなものを選んで、尾根を目指しました。
尾根に乗っても油断はできません、這いつくばって登る急登が続きます。
雨乞山って急登な山が多いよな。
難行苦行の登頂も雨乞の一環なんでしょうね。

s8880038.jpg
急傾斜

ものすごい急登が続いて、汗だくになりました。
伐採地手前は、岩混じりの斜面で登りにくかったです。
伐採地に出ると、明るくなって、鹿がピィーーーー!と鳴いて逃げて行きます。
鹿避けネットに沿って緩やかに登れば、雨乞山山頂です。
なんてことない平凡な尾根のコブですが、下から見るとかなりの山容であることが後でわかりました。

s8880040.jpg
雨乞山山頂

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。