スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城山~カヤのタオ~コガミ

城山から下ると、岩場になり、下り着いた鞍部は、カヤのタオ(銚子のクビレ)と言います。
峠道が越えているわけではありませんが、天然の要害となっており、城山防御の一翼を担っております。

s8840041.jpg
カヤのタオ(銚子のクビレ)付近

その後は、岩稜となって岩場の上に突然飛び出すと、東側の展望が広がって歓声をあげました。
足下には先ほどまでいた橋立堂が見えており、よくぞここまで登ったなと実感できる場所です。
武甲山のフェンス越しからの展望より断然いいですね。
一段高いところにも岩場があって、そちらの方が眺めが良かったです。
ここだけで、景色を存分に堪能してしまいお腹いっぱい、胸いっぱい…。
もう帰っても良い気分になってきました。

s884m1.jpg
岩場

s8840050.jpg
岩場の上へ

s8840053.jpg
東側の展望が広がる(手前の山は城山)

s8840054.jpg
橋立堂を見る

785m点は、コガミ(大ゲノ)という山名らしからぬ名があります。
コガミは、蚕神でしょうか?

s8840058.jpg
コガミ(大ゲノ)山頂

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。