スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荻ノ沢ノ頭

2015.5.11(月)晴れ
6:30~13:30
芦ヶ久保駅~兵ノ沢~770m点~676m点~荻ノ沢ノ頭~長渕バス停~南沢林道~旧正丸峠~川越山~正丸山~正丸峠~ガーデンハウス入口~大蔵山川~正丸駅

芦ヶ久保に通いまくるぞ~!
と意気込んで回数券を買ったものの、半分近く余ってしまいそうなことに気が付きました。
逆に正丸駅までの回数券が足りなくなりそうです。
だから、出来る限り、芦ヶ久保起点で踏査することにしました。

平日の芦ヶ久保駅はとても静かで、下車したのは私一人…。
3月のような肌寒い風が吹いております。
空は雲一つ無い快晴。

序盤は兵ノ沢沿いの登山道を歩きます。
ガード下を潜って、峠状の尾根を乗り越す場所では、左に770m点への兵ノ沢右岸尾根が分かれますが、これはまた今度です。

兵ノ沢に降り立つと、「この先進入禁止の標示」があり、その先に兵の沢林道と書かれた標示があります。
これって歩いていいのかな?

s8830019.jpg
行ける?行けない?

冬期は、氷の柱というイベント会場になっており、通行止めのようで、浅間神社経由の登山道も冬期通行止めです。
この前歩いたら、スプリンクラーで多少濡れておりましたが、通行に支障はありません。
どういうことなのか観光案内所で聞いてみないとダメですね~。

兵ノ沢はいくつか小滝が掛かっており、楽しい登山道です。
沢を離れて斜面をジグザグに登るようになると、大岩が頭上にあり、これがこの辺の字名になっている岩茸石のようです。

s8830041.jpg
岩茸石

小笹とカラマツ林になると、気分は八ヶ岳です。
奥武蔵にもこんな場所があるんだな~。
カラマツって高山に来た気分になるからいいですよね。

s8830042.jpg
八ヶ岳っぽい

尾根に乗ると、指導標があり、「行き止まり」の方向へ進みます。
わずかに登ると、770m点で、広葉樹が朝日に照らされ気持ちの良いピークなのでアップルデニッシュパンを食べつつ一休みします。

s8830048.jpg
770m点

ここからは、初めて歩きますが、白テープのマーキングがあって歩く人がいるようですね。
展望の良い場所もあるし、なにより北側の新緑が素晴らしいですよ。
とあるコブでは、熊の爪痕をみました。
そういえば、熊目撃情報の張り紙があちこちにありましたね。

s8830053.jpg
北側の新緑まぶし~

s8830055.jpg
新緑まぶし~

s8830058.jpg
丸山方面が見える

s8830068.jpg
紅一点のヤマツツジ

s8830073.jpg
熊の爪痕

尾根に合流したら右へと進みますが、逆コースの場合はわかりにくそうです。
植林から左だけ雑木になると、荻ノ沢ノ頭に着きますが、平頂の一突起なのでわかりにくい山頂です。
マーキングに従って、右へ曲がり、尾根を分けますが、踏み跡が明瞭なので迷いません。
岩場を下って、鞍部で右へ分かれる道に入ってみたら別の尾根に乗ってしまい慌てて引き返して、尾根上を進みます。
かなり下って来ましたが、まだまだ広葉樹が明るく楽しい尾根です。

s8830085.jpg
荻ノ沢ノ頭山頂

s8830091.jpg
岩場を下る

s8830105.jpg

下に車道が見えるようになると急下降し、尾根末端近くで左へ下って赤い頭巾の地蔵尊を目指して下ります。
倒木などで道は良くありませんが、短い区間です。
地蔵尊からは、石垣を使って下り、階段で車道に出られ、長渕バス停はすぐ左ですが、踏査はここでは終わりません。

s8830107.jpg
地蔵尊の脇に出る

つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。