スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山伏峠周辺探索

山伏峠からは、武川岳への道を少し登って、この前見つけた指導標のある分岐から名栗げんきプラザへ向かいます。
と言っても、沢を木橋で渡ったらすぐに菖蒲ヶ入林道に出てしまいました。
山伏峠経由よりわずかに近道なようですが…。

s8790125.jpg
名栗げんきプラザ分岐

s8790127.jpg
菖蒲ヶ入林道に出る

845m点への取付点も確認しておきます。
踏査済でありますが、あの時、沢を二つ越えて車道に出たので、もっとより良い近道を探します。
尾根を下って左が正解だったようです。

s8790133.jpg
845m点取付点

名栗げんきプラザを過ぎて、永井谷林道入口で右の道に入ります。

s8790144.jpg
取付点

倒木を避けつつ登ると、作業道が横切りなおも尾根上を進むと、先ほど横切った作業道が右から合流してまた右へ離れて行くので尾根を歩きます。

s8790149.jpg
良い雰囲気

岩場はあるし、這いつくばるような急登もあるし、地形図からは想像もできない手強さでした。
歩いてみないとわからないですね~。
難しい分岐もあり、下りにとると難易度はさらに上がるでしょう。

枯れたススタケを過ぎたピークから明瞭な踏み跡に出て、鞍部へ下ると、山伏峠からの登山道の捲道に合流します。

先ほど下った登山道を登って、本日二度目の伊豆ヶ岳登頂となりました~。

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。