スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆ヶ岳男坂測距

それではさっそく、男坂の岩場の距離を測ってみましょう!
私は、クライミングジムや幕岩で訓練を数十時間受けた経験があるので、こういうことができます。
一般の人は危険ですので、絶対に真似をしないように!
岩場でのコロコロも自己責任でやります。

s8790070.jpg


s8790076.jpg


s8790079.jpg


s8790080.jpg

安全をきすために、尺取虫工法で測ります。
コロコロしたら、置いて、鎖をつかんで上がり、コロコロしたら置いて鎖をつかんで登るというのを繰り返せば、実は岩場でも安全に測れてしまうので~す。
時間がかかってしまうので、早朝の誰もいない時間に行いました。
岩場の距離は、地図を買ってからのお楽しみということで~。

s8790083.jpg


s8790086.jpg


s8790087.jpg

岩場が終わったと思ったらまた岩場が出て来て、これは左に捲道があったので行ってみたら行き止まりでした。
危ない危ない…。
ここは岩場直登するのが正解なようです。
岩峰の上からは、男坂を登った者だけが得られるご褒美があります。
伊豆ヶ岳山頂はほとんど展望無いですからね~。

s8790092.jpg
岩峰を登る

s8790094.jpg


s8790096.jpg
西側の眺め

s8790101.jpg
女坂合流

つづく。
関連記事
スポンサーサイト
42:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
43:Re: 伊豆ヶ岳の男坂直登
あそこの捲道はやっぱり通れないのですか~。
それにしても、踏み固められてましたよね。
岩場を見ると、捲道に入ってしまう癖があります。
直登して進退きわまるってのが怖いです~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。