スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏木入右岸尾根

高畑山から登山道を伊豆ヶ岳方面へ進むと、黄標柱が立っており、ここから下ります。
安曇幹線337号を過ぎたら、不明瞭になるかと思ったら、明瞭な踏み跡が続いており驚きました。
左から作業道が始まって並走するようになるので、尾根上よりそちらを歩く方が楽なようです。
こだわる人は尾根上ですね~。
523m点は、小さなコブでわかりにくいです。
作業道にぶつかると三叉路になっており、ここでSさんと分かれて踏査します。
尾根上の作業道を進み、緩やかな場所は、夏焼の名があり、日当たりの良い丘陵上の耕作地を夏地というので、ここも耕作地だったようです。
焼は焼畑のことでしょう。
作業道が左に折れ、尾根上を下ると車道手前が倒木帯で少々歩きにくかったです。
制限速度40キロ付近の擁壁の切れ目で車道に出て、左へわずかで下ヶ坂バス停がありました。
Sさんによると尾根で分かれた作業道は、いずれも柏木入沿いの林道に繋がっていたようで、エスケープルートとして使えそうです。
こちらを下ると、柏木橋バス停が最寄りとなります。

s8780063.jpg
ここから入る

s8780065.jpg
安曇幹線337号

s8780086.jpg
作業道を進む(夏焼)

s8780091.jpg
倒木帯

s8780092.jpg
取付点

明日は、伊豆ヶ岳周辺に出かける予定です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。