スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大塚山

2015.4.29(水)晴れ
8:00~14:30
武士平入口~大神楽沢橋バス停~奥秩父線13号~大塚山~雄山~タワ尾根分岐~武士平~武士平入口

今回は、大神楽(おかぐら)林道の奥に車を止めて、大塚山、雄山とぐるりと周回しようと思います。
武士平入口に神社があるのですが、名前がわかりませんでした。
御存知の方は教えてくださいね~。

s8760007.jpg
武士平入口の神社

林道を下って、途中左にも巡視路入口がありました。
大神楽沢橋手前の奥秩父線13号入口は、立入禁止のカラコンが置いてあるので、ここから入るのを断念しました。

s8760009.jpg
大神楽林道からの大塚山

s8760016.jpg
新緑の雄山方面

s8760020.jpg
奥秩父線13号入口は立入禁止

車道を歩くと、車から確認しておいた奥秩父線12号への巡視路入口があり、ここから取り付くことにします。

s8760028.jpg
奥秩父線12号入口から入る

ジグザグに上がって行くと、トラバースしている古道を分けて、石垣が連なる山摑集落跡に入ります。

sP1020175.jpg
分岐付近

s8760036.jpg
古道

s8760042.jpg
山摑集落跡

集落跡といっても、建物は残されておらず、物置のような小さな建物を二つ見ただけです。
集落跡の最上部に社があり、正一位稲荷神社と書いてあり、格式が一番高い神社だったようで、中には神棚と神輿が収納してありました。
往時はこれを担いでお祭りとかやってたんでしょうね~。

s8760045.jpg
正一位稲荷神社

s8760054.jpg
神輿

神社の下で12号と13号の道が分かれますが、尾根に向かう13号へ進みます。
尾根の手前で13号にぶつかり、少し登ると尾根に乗れて、踏み跡もありました。

s8760062.jpg
奥秩父線13号

s8760066.jpg
奥多摩方面

ところが斜面が急になって来ると、踏み跡は薄くなり、適当にジグザグを切って登るしかありません。
途中で何度か立ち止まって呼吸を整え、急登をこなして行くと、大塚神社の祠がある大塚山山頂に着きます。

s8760069.jpg
踏み跡は薄い

s8760074.jpg
大塚山山頂

赤テープに、大摑山とありますが、大塚山の間違いではないでしょうか?
それとも、オオツカミヤマ⇒オオツカヤマと転訛したのでしょうか?
資料が無くわかりません。

お昼を食べたりして、1時間ほど遊びました。

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。