スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女淵探索

やっぱり気になる女淵~。
畑仕事の古老がいらしたので声をかけますが、やはりわからないとのこと。
滝が、大きな家の左側にあるから、そこかもしれないというので探してみます。

s8690055.jpg
天王山八王寺のお札

こんなものが道端に立っておりましたが、確証が持てません。
淵らしきものはありましたが。

そこで、車から出て来た男性に声をかけて、女淵について聞いてみますが、やはりわからないとのこと。
これだけ地元の人に聞き込みしても知る人がいないんじゃ、だんだん信じられなくなって来ました。

でも、この辺りはカッパ伝説があり、ゾウリンジというお寺がある(あった?)と教えていただきました。
養福寺ならこの下なんだけどなあ。

この方、ものすごくいい方で、自治会長さんの家まで教えていただき、そこで聞けばわかるかもしれないとのことです。

二ツ岩だけはなんとかわかりました。
大きい岩の上に祠があるし、岩が二つだし。

s8690054.jpg
二ツ岩

女淵はどこだ~?
と探しながら歩いていると、不思議な石造物を見つけました。

s8690058.jpg


s8690057.jpg
謎の石造物

竜が何かに巻き付いているみたいですけど?
雨乞いの神事と関係あるのでしょうか?
そういえば、前にもこれと似たようなのをどこかで見たよな。

間野富士山の下の神社に似たようなのあったよな。

『飯能の石仏』を見てもこれは載っておらず、新発見のようです。
この辺りは、もう4回目なんですけどね、毎回、新たな発見があります。

この後は、中沢バス停から八王寺尾根で桜久保峠へ行き、途中から竹寺を経由して、豆口山から桜久保峠へと戻りました。

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。