スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天覚山~武蔵横手 2015.1.28

下に行くと、両峰神社(天覚大明神)跡があります。

s8170116.jpg

s8170118.jpg

三峰社と両峰社を合祀しているので、両神山、両峰山の名もあるようです。
ですから、天覚山には、5つの別名が存在しております。
昔は、山頂で加持祈祷が行われ、信仰の山だったそうです。

下山は、沢筋コースと尾根道コースに分かれますが、尾根道コースを行ってみます。
指導標が完備され、赤実線クラスの良い道で、展望も抜群!

s8170128.jpg

パノラマコースと名付けたくなるくらい、良い展望が続く道です。
東吾野駅が近づくと、「くぬぎの会」が設置した指導標を発見し、武蔵横手まで行ってみることにしました。

s8170145.jpg

s8170150.jpg
西武線の撮影スポット

s8170159.jpg
深沢山

s8170160.jpg
愛宕山

s8170161.jpg
東屋

s8170162.jpg
落石注意

のどかな里山の散策路で、春先にもう一度来てみたいなと思うくらい気持ちの良い道でしたが…。

s8170168.jpg

高麗川にかかる橋が撤去されていて、渡れませんでした。
ここまで長い距離を歩いて来たので、戻るのも面倒です。
強引に高麗川右岸を行ってみることにしました。
右にかまど山への道を分け、進んで行くと湿地帯で踏み跡が消え、藪も深くなり、川に迫り出した大岩で進めなくなってしまいました。
大岩には、洞穴もあります。

s8170169.jpg

s8170170.jpg

ここからは、道なき道を進んでかまど山の道に出て、なんとか武蔵横手駅に着きました。

「くぬぎの会」が設定した「東吾野郷めぐり」の道は武蔵横手側が歩行不能です。
立ち入らない方が良いでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。