スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯ノ花山で薮こぎ

長久保坂への取付点は、マーキングもあってわかりやすかったです。

s8670031.jpg
取付点

s8670032.jpg
奥多摩方面の眺めもある

尾根道は予想に反して、良く踏まれていて、倒木や薮も無く歩きやすかったです。

s8670035.jpg
歩きやすい尾根道

長久保坂を突っ切り、そのまま尾根道を進むと、黄色いペンキのところで踏み跡が右に折れる場所が湯ノ花山入口です。

s8670038.jpg
長久保坂

s8670040.jpg
湯ノ花山分岐

入口からはいきなりの灌木の藪となりますが、鞍部まで下ると藪が落ち着きます。
湯ノ花山山頂付近では、また少々の藪こぎがありました。
こんなマイナーな山にも立派な山名標があってありがたいですね~。

s8670043.jpg
湯ノ花山山頂

山名は、温泉の湯ノ花を想像させ、伊香保と関わる伝説もあるのですが、こじつけのようで、猪ノ鼻(イノハナ)が転じてユノハナとなったようです。
さて、湯ノ花山から先は、尾根は緩やかなのですが、灌木の藪が勢いを増して来て、右へ左へ歩きやすいところを探しながら進みます。
倒木もけっこうあって、煩わしかったです。

南の尾根は、末端に民家があるし、藪も激しいので、東へ下ってみることにしました。
最初は踏み跡らしきものがあったのですが、それも無くなって、完全な藪漕ぎ状態となりました。
はたから見れば、道に迷っている人でしょうね。
戻れば良かったなあと思った時は、すでに遅く、もう足下に林道が見えており、強引に下ることにしました。

s8670047.jpg
灌木の藪が激しい

等高線の間隔も狭いし、かなりの急下降で、何度か足を滑らせて尻もちをついてしまいました。
帰りたい…。
そんな言葉が頭に浮かんでは消えて行きますが、帰るにしてもとにかく下らなければなりません。

薮をかき分けると、花粉か埃かわからない粉末が、飛散して悲惨な状態になります。(笑)

尾根末端は、猛烈なシノヤブなので、沢へ降りて、斜面を無理矢理這い上がると、奥武蔵の看板がある倉庫脇に出ました。
踏み跡も無いし、酷い薮では、地図に載せることはできませんね~。
とにかく、無事に林道に出られただけでも良しとしましょう。

s8670048.jpg
ここに出ました

湯ノ花山は往復に留めておいた方が良さそうです。

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。