スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の雪

東吾野駅~博打岩~奥秩父線72号~尾根コース~天覚山~笹子入右岸尾根~261m点・新所沢線56号~笹子入林道~神社~56号~野ヶ崎バス停~正八幡宮~新所沢線55号~中藤尾根~天神山南峰~新所沢線54号~房ヶ谷戸~山王坂峠~新所沢線55号巡視路往復~野ヶ崎バス停~堂西バス停~奥秩父線66号~曲竹~奥秩父線65号~中藤尾根~66号~祠ピーク~尾長入口バス停

s8630030.jpg
両峯神社跡のツツジに雪が積もる

今日は、中藤尾根の気になる道を踏査予定なんですが、その前に天覚山の尾根も踏査しておこうと思います。

博打岩を過ぎて、平坂飛村林道に出て、すぐの沢の左岸から取り付きます。
この先にも赤テープの張ってある取り付きがあるのですが、露岩の急坂で、雨後は特に危険と思い、多少薮があっても、安全なルートで登ることにしました。

薮っぽいのも最初だけで、中へ入ってしまえば、それほど気になりません。
なぜか踏み跡があり、たどって行くと岩にぶつかりました。

s8630008.jpg

この岩の基部を進むと、踏み跡が二手に分かれ、右へ進んで岩の脇を登ります。
できるだけ尾根の上を歩けば間違いないだろうという判断です。

あとは、灌木につかまりながらの急登となりました。
踏み跡はあったりなかったり、とにかく、藪の無い登りやすいところを登って行きます。
登り切って振り返ると、かなりの急坂なので、この尾根は登りにとるのがオススメです。

右から赤テープの尾根が合流したら、後はもう歩きやすい尾根となり、コブには捲道も付いておりました。

s8630010.jpg
左に捲道を分ける。

巡視路を合わせ、奥秩父線72号からは、左の巡視路へ行かずに今回は尾根通しを進みます。
薮もほんのわずかで終わり、すぐに歩きやすい尾根となり一安心です。

尾根コースに出ると、一面の雪景色に驚きました。
吾野方面では、昨日は雪が降ったようです。

両峯神社跡に着くと、ピンクのツツジに雪が積もるというありえない光景を目にしました。

s8630025.jpg

ここってツツジが咲くんですね~。

写真を撮っていたら、女性に声を掛けられ、「お花に雪が積もるなんて珍しいですよね~」なんて会話をします。

天覚山からの眺めは、曇りでいまいちでしたが、雪化粧した山々は、八ヶ岳に来たのかと錯覚してしまうほどの良い景色です。

s8630033.jpg
天覚山山頂からの眺め

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。