スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

71号からゼンゴ山

せっかく中腹まで登ったのに、もったいないのですが、天覚山踏査のためには致し方のないことです。
登山口には、カーギルの森と書かれた標示のところにベンチがあり、一休みするにはもってこいです。
体が自然とここへ向かってしまったのでしょうか~?(笑)
つ、疲れてる~?

s8620032.jpg
カーギルの森で一休み

さてさて、休憩を終えて踏査再開といきましょう!
すぐに急角度で分岐する以前から気になっていた道に入ってみます。
植林の際に作られた作業道のようですが、今でも歩く人がいるのか、藪もなくかなり踏まれた感じです。

でも、作業道がいくつも分岐し、迷いました~。
登山詳細図が欲しい!
あ、今作ってるんだっけ…。
右から先ほど行こうとして行けなかった廃道状態の巡視路が合流し、明るい奥秩父線71号に飛び出ました。

s8620040.jpg
奥秩父線71号

ここもめちゃくちゃ展望が良く、先ほど自分がいた場所も見えているのがなんとも楽しいです。
一旦下まで下って登る人もなかなかいないでしょう。
巡視路が廃道じゃなければ、少しの労力でここまで来れたんですけどね。

s8620043.jpg
先ほどいた場所

ここから先はかなりの急角度のようですが、作業道がちゃんとありました。
でも道を間違え、途中から明らかにトラバースを始めたので、強引に薄い踏み跡を辿って尾根に乗ると、しっかした道が走っており、荷物を置いて、調べに向います。
草深くて、入るのをやめた道でした。
この尾根は、ほんとに地図が欲しい尾根ですよ!
登りつめると、白テープのところに出て、下って来た場合、枝尾根に引き込まれそうな踏み跡が分かれておりました。
この尾根は侮れな~い!
指導標で登山道に出たら天覚山へ向かいます。

天覚山からは大高山方面へ進んで、410m峰に行き、藪尾根に入ります。
でも薮っぽいのは最初だけで、歩きやすい尾根が続いており安心しました。
『ものがたり奥武蔵』にあるゼンゴ山には、藤光寺山で見たのと同じ素敵な山名標が下がっており、孤独なハイカーを迎えてくれます。

s8620057.jpg
ゼンゴ山山頂

s8620058.jpg
素敵な山名標

南の大両寺方面へ尾根が延びているのですが、民家が立ち並んでいるのが、地形図から読み取れるので、今回は踏査を見送ることにしました~。
良い取付点があったら教えてくださいね~。

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。