スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越辺川源流道

資料には、「乞食岩の上に笹郷林道開設記念碑が立つ」とありますが、名前が付くような大きな岩では無いし、庇にもなっておりませんので、誤記のようです。
砂利道に入ってすぐに、右上に庇形の岩があり、これが乞食岩のようです。

s8600111.jpg
乞食岩

見上げるほどの大きな岩が出て来ると、黒岩と呼ばれており、回り込むと道祖神と彫られた石碑があります。
梵字のような文字で、資料を読んでいなかったら、判読できませんでした。

s8600115.jpg
黒岩

s8600117.jpg
道祖神

「滑落、落石注意」と書かれた小さな道標が点在し、いずれも、滝へ行けますが、小滝ばかりです。
倒木や薮も少々あって、滝を見るのも一苦労。
疲れ切った体に残された体力をじわりじわりと奪って行きます。

s8600124.jpg
あちこちにある道標

s8600125.jpg
小滝

石門を過ぎると、険阻な道になって来て、修験道の臭いがぷんぷんしてきます。
あちこちにマーキングがあるのはありがたいんですけど、道が分岐していたりして迷います。
結局、一緒になりましたが…。
ここはほんとに地図が欲しいです。
登山詳細図出ないかな~?
あ、今作ってるんだっけ…。(笑)

岩登りをするところもあって、コロコロしながらでは、きつかったです。
このコースを下りに取るのはオススメできません。
三ツ峠の北口登山道を思い出しました。

s8600136.jpg
岩場を登る

s8600140.jpg
ここをトラバース?

s8600141.jpg
三重ノ滝

s8600144.jpg
岩場の下をトラバース

何度も徒渉を要求され、うんざりして疲れ切ったころ、神秘的な岩場に出ました。
岩屋があり、岩屋ノ滝と呼ばれているようです。

滝壺は、龍ノ淵と呼ばれ、その昔、村人がここまでやってきて龍ノ淵をかき回し、雨乞いの神事を行っていたようです。

s8600159.jpg
岩屋ノ滝、龍ノ淵

s8600161.jpg
熊穴

さて、ここから先に道がありません。
少し戻ると、踏み跡を発見して一安心です。
それにしても、またこんな険しいところを登らされるのか~。

s8600163.jpg
少し戻ると、踏み跡がある

s8600167.jpg
ここを登る

藤の蔓がのたうって龍の姿になっておりますが、名前は蛇木(じゃもく)です。

s8600169.jpg
蛇木(じゃもく)

石碑を見下ろしますが、そこに行くまでの道が見当たりません。
どうやってこんなものを設置したのでしょうか?
石碑は、昭和6年に建立され、龍ノ淵を詠った歌が一首刻まれているそうです。

s8600172.jpg
石碑

二俣の分岐で一休みします。
右が越辺川源流で左が諏訪神社。

s8600176.jpg
分岐でひとやすみ

右の越辺川源流を往復してみます。
水流が途切れて、すり鉢状の場所に着き、ヌタ場の近くに手製道標がありますが、これが指し示す左右どちらも踏み跡はありません。

s8600180.jpg
越辺川源流地点

後でわかりましたが、右前方へ行くと作業道が上がっており、楽に明瞭な踏み跡へ出られます。
分岐へ戻ったら、左の道を進んで、諏訪神社を目指します。
越辺川源流地と書かれた標示がありますが、厳密には諏訪越沢と呼ばれる越辺川支流になりますので、この標示はどうなんでしょう?
先ほど進んだ、右俣が越辺川本流であり、源流です。

s8600185.jpg
越辺川源流地?

上部は、倒木が多くなり荒れた感じになり、諏訪神社下のトイレの脇に出ました。

s8600187.jpg
上部は荒れた感じ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。