スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山ノ神と姥神様

旧道はまだまだ終わりではありません。
車道に寸断されていて少々わかりにくいのですが、車道を下らず右の山伏峠方面へ進むと、古びた鳥居があり、そこを入ると、山ノ神があります。

s8770170.jpg
山ノ神入口

かつては毎年8月31日に山ノ神祭りをしていたそうです。
すぐ下の沢は、七段の滝があったそうですが、今は涸れ果てており、雨乞の神事が行われていたことを想像するのは難しいです。

s8770171.jpg
山ノ神と稲荷神社

さらに山伏峠方面へ進むと、舗装された小道が左へ分かれ下るのでそれに入ります。
天女の羽衣を纏ったような馬頭観音で、「右大三や、左稼治原講中 文化九壬申吉日」と彫ってあります。
稼治原は、鍛冶原という金属伝承地名で、八ヶ原(はちかばら)のことです。
土道の山伏峠旧道がここで合流しますが、車道で破壊されていることは容易に想像できます。

s8770175.jpg
馬頭観音

車道に出て、姥神橋を渡ると、右に姥神様があります。
フェンスの切れ目を少し上がったところなのでわかりにくいです。

s8770181.jpg
姥神様(嘉永元年 1848年)

昔、今の14区の高橋のそばの金掘りという所にある一軒の家がありました。
かなり豊かに暮らしていたようでした。

ある晩、裏山の方から山姥のような頭の毛を乱し、みすぼらしいおばあさんが、この家の戸を叩きました。

そして、「頭がかゆくてたまらない、頭のしらみをとってくれ」と言いました。

この家のおかみさんは、汚くて嫌だなと思いましたが仕方ありません。

渋々火箸を焼いてとってやりました。
おばあさんは、とぼとぼ帰って行きました。

次の日の夕方もまた、現われてしらみをとってくれと言いました。

それからというもの、毎晩毎晩現われるのでこの家の者は困ってしまいました。

そこでこの家の夫婦は相談して、このおばあさんをころすことにしました。

また、夕方現れましたので夫婦は、「毎日毎日なんだって人にそんなことをさせるのか、もう我慢できない!」
と、二人でおばあさんに飛びかかり、喉をしめてころしてしまいました。

ぐったりしたおばあさんをみて、二人はがっくりしたり、ほっとしたりでした。

主人は鉈で首を切り、湯の沢の一番奥の山に埋めました。

この話を聞いたこの山の持ち主が、ねんごろに葬り、姥神という文字を入れた石を建てました。

石の奥に某建之と彫られています。

その後、氏は留守になるため今の氏宅の先祖へ山ごと、その姥神様を守ってもらうため譲ったということです。
氏宅は屋号を姥神といいます。

また胴体は芦ヶ久保にある姥神様に葬ったといわれます。

そして、そのあたりを姥神といい、姥神橋もあり、氏宅の屋号を姥神といいます。

湯の沢の姥神様も、道路ができるために三度位移転したそうですが、その時掘ったところが、かめの中に頭蓋骨のようなものが入っており、通りかかった人が、「なんだ、こんなもの!」と杖でつついたそうです。

すると、その人は大変な高熱に悩まされ、何日も床に伏せっていたということです。

姥神様の首に巻かれている真綿を首にかけると風邪をひかぬとか、百日咳を治してくれるとかいわれ、お参りするそうです。

『名栗の伝説 P16』

姥神様には、怖ろしい言い伝えがあったのですね。
なんだか悪寒がしてきましたよ。
再訪することがあったら花でも供えたいですね。

名郷発14:44のバスになんとか間に合って帰宅しました。

明日は、天目指峠付近を歩く予定です。
スポンサーサイト

山伏峠旧道

車道はかなり大きく迂回しているし、車の通りも激しいので、旧道を探して下ってみることにしました。

s8770147.jpg
旧道入口

けっこう道幅が広く、かつては重要な峠道であったことがうかがえます。
傾斜も緩く作ってあり、馬や牛も楽に通れそうです。
ただやっぱり廃道なので、倒木が多いですね。
倒木の下の旧道の痕跡を確認しつつ下ることになります。
ジグザグを切りつつ下って行き、沢を右下に見下ろしてトラバースするようになれば、倒木も無くなって歩きやすくなります。

s8770149.jpg
倒木帯

s8770150.jpg
旧道を下る

橋の基部の石垣もありますが、木橋だったようで、橋は跡形もありません。

s8770154.jpg
石垣

s8770155.jpg
状態の良い場所

しばらく下ると、石仏を発見して驚喜しました。
誰も通らない峠道にひっそりと佇む石仏…。

s8770158.jpg
じじいばばあ地蔵尊

昔、この近くに小金を貯めていた老夫婦が、強盗に襲われて殺され、哀れんだ地元民が供養のために、夫婦の名を刻んだ地蔵尊を建てたそうです。

沢に下りて、少し沢の右岸を下ると、朽ち果てた木橋があります。
もちろん渡れないので、手前で徒渉しました。

s8770160.jpg
いつ頃壊れたのだろう

家があったような平坦地となり、右に折れると沢を渡りますが、ここも木橋が朽ち果てており、徒渉しました。

s8770163.jpg
徒渉する

コンクリートの道というか壁の上を歩いて、堰堤を右から越えて下ると、車道が見えて来ます。

s8770164.jpg
堰堤を越える

s8770168.jpg
ここに出る

つづく。

焼山~山伏峠

林道に出て、前歩いた登山道に入ろうとしたら、通行止めになっておりました。
急な道だった記憶があるので、危ないから通行止めになったようです。
それにしても、林道を歩かされるのは味気ないですね~。

s8770101.jpg
200m先から登山道に入る

s8770102.jpg
ここから登山道へ

s8770105.jpg
眩しい新緑

武川岳は、平日でも賑わっておりました。
前武川岳を過ぎて、林道を横切ると、伊豆ヶ岳の展望が広がります。
名栗げんきプラザへの道が左へ分かれたので、ここは後日踏査に来なければなりません。

s8770109.jpg
武川岳

s8770118.jpg
新緑の登山道

s8770120.jpg
武川岳山頂

s8770128.jpg
山桜の花びら

s8770136.jpg
伊豆ヶ岳

s8770145.jpg
山伏峠

山伏峠に着いたら、名郷を目指しますが、ここからが今日の本番です!

つづく。

二子山~焼山

二子山から焼山にかけては、広葉樹の新緑が素晴らしく、人気コースであるのも納得です。
展望の良い場所もいくつかあって、特に独立峰の焼山からの展望は最高です。
ここでお昼を食べていたら、ハイカーが一人通り過ぎて行きました。
平日なので静かな山頂です。

s8770069.jpg
二子山雄岳からの武甲山


s8770083.jpg
登山道の新緑


s8770093.jpg
焼山からの二子山と甲仁田山


s8770100.jpg
焼山からの武甲山

つづく。

芦ヶ久保駅~二子山

2015.4.30(木)晴れ
7:00~14:30
芦ヶ久保駅~富士浅間神社~二子山雌岳~二子山雄岳~焼山~蔦岩山~武川岳~前武川岳~山伏峠~湯の沢バス停~名郷バス停

芦ヶ久保駅からバスに乗って松枝に行こうとしたら、バスがやって来ません。
バスの時刻表を良く確認すると、平日は7:25になっており、とっくにバスが出た後でした。
次のバスは、6時間後なので、予定を変更して、富士浅間神社経由で武川岳へ行くことにしました。

s8770035.jpg
富士浅間神社

富士浅間神社の先で秩父市街方面の展望が広がります。
尾根上を歩いて行くと、熊出没注意の標示があります。
この手の標示は最近、どこでも見かけるようになりましたね。
犬の鳴きまねをしながら歩きます。

倒木がありまして、登山道にあるのは珍しいと思いますが、左下を潜って抜けられます。

s8770048.jpg
倒木

岩場になると、左へ捲いて進み、大きな洞穴を発見しました。
どこに続いているのか?
その後岩場の登りになり、烽火台の一角に来たことを知ります。

s8770050.jpg
左の捲道へ

s8770051.jpg
洞穴

s8770053.jpg
岩場を登る

ちょっと遠回りかもしれませんが、尾根歩きが多いので急登が少なかったように思います。

つづく。

大神楽林道の廃道区間

地形図には、神社から先にも大神楽林道の線が沢沿いに入っておりますが、沢を渡る手前で崩壊していて、廃道になっております。
最後のオマケですが、自分的には、楽しみの一つでもあります。

s8760113.jpg
大神楽林道崩壊地点の橋

s8760114.jpg
いつ転がって来たのか、大岩が道を塞ぐ

s8760115.jpg
小持山かな?

s8760116.jpg
人が歩くのもやっとの林道

s8760117.jpg
巨大堰堤で行き止まり

s8760121.jpg
二段の滝があった

s8760133.jpg
下流の滝で遊ぶ

s8760135.jpg
五段ノ滝

神社から先の林道は、堰堤を工事するための道だったようで、役目を終えて廃道になったようです。
廃道区間に入ってすぐのところに五段ノ滝があって、一見の価値があります。
この辺りの溪谷は、倒木も無くて美しいですね~。

西武秩父駅前のグラッチェガーデンズというお店のピッツァ食べ放題1,199円(税抜き)を食べてシメることにしました。
ドリンクバーとサラダとメインが付いてこの値段は安いです。
安すぎます!
お店の経営は大丈夫なのかな?と心配になってしまいます。
メインは、グラタン、パスタ、ドリアなどから選べます。
ドリアもグラタンもうまかったなあ。

「おかわりください」という札を通りかかる店員に見せるようにおいておくと、「マルゲリータはいかがですか?」などと聞かれるので、「ください!」とか「お願いします!」というとお皿に一切れ乗せてくれます。
こりゃあ、ピッツァのわんこそばや~。と叫びたくなります。

休憩したい場合は札を反対にして、食べたくなったらおかわり札を店員に見せるようにまた置けばいいのです。
なんて人見知りに優しいシムテムなんだ~。

さつまいもクリーム、照り焼き、メランザーネ、マルゲリータ、レンコン、キノコ、お好み焼き、トマトソースなど、全部で15種類は口に入れたと思います。
これだけ色んな種類のピッツァが低価格で楽しめるのは、このお店だけではないでしょうか。

s8760137.jpg
秩父市内からの武甲山

s8760139.jpg

s8760140.jpg
グラッチェガーデンズのピッツァ食べ放題 1,199円(税抜き)

グラッチェグラッチェ~。

明日は、松枝バス停~武川岳~山伏峠~名郷バス停と歩く予定です。

雄山から武士平

大塚山北尾根をそのまま下ると、茶平沢に出てしまうので、尾根が平らになった場所で右後方へ作業道を進むのがコツです。

s8760083.jpg
ここで右後方へ

この辺りは、大塚山で一番わかりにくいところです。
公社営林の看板を過ぎたら、尾根に下って行くと、巡視路が横切って、黄標柱が立っております。

s8760085.jpg
途中にある公社営林の看板

s8760087.jpg
巡視路分岐

コブを越えますが、左に捲道もありそちらの方がオススメです。
茶平への道を左へ分けると、雄山への急登が始まりますが、新緑で雰囲気の良いところです。

s8760095.jpg


s8760096.jpg
新緑の中を歩く

雄山山頂には、社跡なのかトタン板が散乱していて静かな山頂です。
踏み跡の不明瞭な尾根を急下降すると、指導標の立つタワ尾根分岐となり、ジグザグに下ると、武士平集落となり、舗装路で神社へと戻りました。。

s8760097.jpg
雄山山頂

sP1020224.jpg
急な下り

s8760103.jpg
タワ尾根分岐

s8760111.jpg
武士平の春

つづく。

大塚山

2015.4.29(水)晴れ
8:00~14:30
武士平入口~大神楽沢橋バス停~奥秩父線13号~大塚山~雄山~タワ尾根分岐~武士平~武士平入口

今回は、大神楽(おかぐら)林道の奥に車を止めて、大塚山、雄山とぐるりと周回しようと思います。
武士平入口に神社があるのですが、名前がわかりませんでした。
御存知の方は教えてくださいね~。

s8760007.jpg
武士平入口の神社

林道を下って、途中左にも巡視路入口がありました。
大神楽沢橋手前の奥秩父線13号入口は、立入禁止のカラコンが置いてあるので、ここから入るのを断念しました。

s8760009.jpg
大神楽林道からの大塚山

s8760016.jpg
新緑の雄山方面

s8760020.jpg
奥秩父線13号入口は立入禁止

車道を歩くと、車から確認しておいた奥秩父線12号への巡視路入口があり、ここから取り付くことにします。

s8760028.jpg
奥秩父線12号入口から入る

ジグザグに上がって行くと、トラバースしている古道を分けて、石垣が連なる山摑集落跡に入ります。

sP1020175.jpg
分岐付近

s8760036.jpg
古道

s8760042.jpg
山摑集落跡

集落跡といっても、建物は残されておらず、物置のような小さな建物を二つ見ただけです。
集落跡の最上部に社があり、正一位稲荷神社と書いてあり、格式が一番高い神社だったようで、中には神棚と神輿が収納してありました。
往時はこれを担いでお祭りとかやってたんでしょうね~。

s8760045.jpg
正一位稲荷神社

s8760054.jpg
神輿

神社の下で12号と13号の道が分かれますが、尾根に向かう13号へ進みます。
尾根の手前で13号にぶつかり、少し登ると尾根に乗れて、踏み跡もありました。

s8760062.jpg
奥秩父線13号

s8760066.jpg
奥多摩方面

ところが斜面が急になって来ると、踏み跡は薄くなり、適当にジグザグを切って登るしかありません。
途中で何度か立ち止まって呼吸を整え、急登をこなして行くと、大塚神社の祠がある大塚山山頂に着きます。

s8760069.jpg
踏み跡は薄い

s8760074.jpg
大塚山山頂

赤テープに、大摑山とありますが、大塚山の間違いではないでしょうか?
それとも、オオツカミヤマ⇒オオツカヤマと転訛したのでしょうか?
資料が無くわかりません。

お昼を食べたりして、1時間ほど遊びました。

つづく。

天目指峠へ

伊豆ヶ岳がすぐ上なのですが、踏査が終わっているので、古御岳を目指します。
古御岳山頂は、ベンチと東屋があり、展望はありませんが、雑木に囲まれた山頂で雰囲気良く、ここでお昼を食べることにしました。


s8750052.jpg
古御岳(小御岳)山頂

この山の名は元々は、小御岳で、主峰の伊豆ヶ岳の前山という意味です。
昨日下から見上げた通り、明るい雑木で気持ち良い下り道です。
山桜の花びらがハラハラと舞い落ちる中を歩くのは、感慨もひとしお。
巡視路を分け、高畑山(たかばたけやま)に着きます。
他の高畑山と区別するために、楢生ノ高畑山の別名もあります。
読み方は「たかはた」ではなく、「たかばたけ」です。
山名って難しいですよね~。

s8750066.jpg
高畑山(楢生ノ高畑山・高畑ノ頭)山頂

道標の無い捲道を分けると、中ノ沢ノ頭ですが、山名標は中ノ沢頭となっており、「ノ」が省略されておりますが、資料その他は中ノ沢ノ頭となっており、他の山名を参考にしても、ノを入れるのが正しいと思われます。
由来は、北を流れる中野沢といい、楢生と天目指谷の中間にあることから、その名がついたようです。
『飯能市史 資料編 Ⅺ』では、「中ノ沢であろう」と書かれており、中野沢ノ頭では無く、中ノ沢ノ頭で良いようです。

s8750088.jpg
中ノ沢ノ頭

巡視路を分けて下ると祠があり、破壊されずに残っている天目指峠です。
昔の峠が残されていて嬉しく思いました。

s8750104.jpg
旧天目指峠

s8750105.jpg


設置してある解説板によれば、天目指峠の由来は、「豆柿」のことをアマメというと由来が書いてありますが、『飯能市史 資料編 Ⅺ』はそのことにまったく触れず、”「あまめ」というのは火ダコ(火にあたって生ずる斑紋)のことをいう地方があり、指(サス)で火傷することから生まれた地名ではなかろうか”
と書いてあります。
焼畑で火傷するとはあまり考えにくく、これはやっぱりあれしかありませんよ!
金属伝承地名です。
鍛冶屋平という地名も久通川下流にあり、平の某がやって来て、鍛冶屋をやっていたという話もあり、この辺りの地名と無関係ではないと思われます。

明日は、浦山へ生き、大塚山、雄山を登る予定です。

バラガ平

右下に曲輪跡のような平地を見ます。
兵士の詰所でもあったような感じです。
670m点を過ぎて、コブで左へ曲がり、北側が雑木で明るくなると、この辺りがバラガ平と呼ばれる平地ですが、中心部はいくらか盛り上がっております。

s8750033.jpg
バラガ平

この先、尾根上はアセビの藪となるので、尾根の北の右側の獣道のような細い踏み跡を進みます。
こちらはこちらで、邪魔な枝が少々ありました。
左の尾根が下がって来たら左へ折れる踏み跡を見つけて尾根に復帰します。

s8750034.jpg


s8750035.jpg


s8750037.jpg
新緑が眩しい東尾根

殿入谷津右岸尾根からの捲道分岐を過ぎて、コブを越えて鞍部に着きます。
前回は直登ルートでしたが、今日は捲道を探索します。
左の捲道に入ると緩やかに登って、枝尾根に乗りました。
左の尾根が切れ落ちているので、前回登るのを断念して捲道に入った殿入谷津右岸尾根の上の地点に出たようです。
右上の尾根を見ると、ここからならなんとか直登ルートも登りやすそうです。
ロープの下に出るのは一緒ですが、きつい急登がいくらかやわらぎそうです。

s8750041.jpg
殿入谷津右岸尾根を越える

殿入谷津右岸尾根を越えて、少し下降しますが、再び徐々に登るようにトラバースします。
踏み跡は不明瞭だろうなと思っていたのですが、意外と明瞭で、伊豆ヶ岳と神送りっぱの中間ほどの場所に出て、赤テープもたくさん巻いてあったのですが、前回下った時はこの場所を見つけることができませんでした。

s8750043.jpg
登山道に出たところ

わかってしまえばなんてことはない分岐です。

つづく。
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。