スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩殿入右岸尾根

2015.4.18(土)晴れ
6:00~16:00
吾野駅~索道跡~前坂短絡道~黄柏坂~墓地~栃屋谷林道~長久保坂~湯ノ花山~南沢山~長久保坂~平坂飛村林道~大棚集落跡~高反山~黄柏坂~前坂短絡道~アズサズ林道~索道跡~吾野駅

晴天が続いて、地面も乾いて来たようなので、湯ノ花山、南沢山へ行くことにしました~。
と、その前に、アズサズ林道入口左から墓地へ上がって、薮を少々かき分けて、岩殿入右岸尾根を登ります。

s8670004.jpg
取付点

尾根に乗っても、踏み跡ははっきりせず、適当にジグザグを切りつつ急坂を登ると、踏み跡が出てきます。
岩場にぶつかって、右を見ると急斜面なので、左から迂回することにしました。
岩や立ち木につかまりながら、体を上げるような急登で、それなりの技量が要求されますが、スニーカーでもなんとか登れました。

s8670008.jpg
岩場は迂回

この難所を過ぎれば、踏み跡も明瞭になり、コブを越えて別の道が横切り、ここからは更に明瞭な道となり、マーキングもあります。

s8670012.jpg
別の道と合流

ピークに登り着くと、廃棄された滑車があって驚きました。
いったいなぜこんなところに~?
理由は、後で判明します。

s8670013.jpg
索道跡

歩きやすい道を緩やかに登って行くと、登山道に出ましたよ。
登って行くと、右に分かれる廃道らしき道を発見しました。
もしや、アズサズ林道に出られるのでは~?
まあ、これは最後のお楽しみにしておきましょう。

419m点への道を左に分ける峠状の場所からわずかに進むと、右に分かれる踏み跡に気がつきました。
この道は何度か通っているのですが、土壇場で入口発見です。
今までなぜ気が付かなかったのでしょう?

s8670105.jpg
前坂短絡道入口

上がって行くと、レールが二本突き刺さる分岐に出て、前坂を経由せずに黄柏坂へ行ける短絡道でした。
これは利用価値が高そうですね。

s8670018.jpg
ここに出る

つづく。
スポンサーサイト

登山詳細図全種類

7:00~15:00 

高麗駅~巾着田~あいあい橋~満蔵寺~高麗峠~宮沢湖~萩ノ峰~夢馬~太郎坊~神久山~天覧山~飯能図書館~飯能駅

今日は、こんな感じで踏査しました。
宮沢湖は、以前行ったことがあるし、楽勝だろうなんて思っていたら、とんでもなかったです。
遊歩道が網目状に広がり、そのほとんどに指導標が立っておりました。
一度だけでは、とてもじゃありませんが、踏査しきれず、宿題になってしまいました。
高麗峠付近で唯一のバリエーションルートもあり、道標さえ立てれば赤実線になりそうな良い道も発見しました。
幼稚園児が、道標の無い道から飛び出して来たのは、驚きましたね。
地元の方しか知らない道というのもたくさんあるようです。

観光案内所の夢馬(MU-MA)にも立ち寄り、情報収集しました。

その後、武蔵丘車両基地にかかる陸橋を渡ると、車両基地と日和田山が両方一度に楽しめるおいしいスポットです。

s8260152.jpg
武蔵丘車両基地と高指山、日和田山

道の分岐へ行くと、古い石仏があり、宝暦13年(1763年)の石橋供養塔があります。
今から250年以上も前のものが残っているなんて驚きです。

s8260160.jpg
石橋供養塔

これの手前に、木橋では無く、珍しく石橋があり、この石柱は、河辺村から運ばれたのだそうです。
石仏はこの石橋と関係があるようです。

周囲の景色は、かなり変わってしまいましたが、変わらず残っているものもあるのですね~。

s8260167.jpg
広葉樹林

林道を歩かず、山道に入ったら、こんな素敵な広葉樹林が広がっておりました。
開発の波にものまれなかった林で、かなり貴重です。
奥武蔵の低山でこれほど雰囲気の良い林があったことには驚き疲れてましたが、やっぱり驚かされました。

太郎坊、神久山(しんきゅうやま)は山名標も無い静かな薮山でした。

天覧山に着いたら14時です。

Mさんとの約束が15時だからスピードアップしなくては~。

大急ぎで下って、飯能図書館に着いたら14:30

資料図書を返却して、リクエストの本はまだですか?と催促すると、名栗の方へ行っているとのことで、もうしばらく時間がかかりそうです。
そういえば、名栗関係の書籍だったな。

その代わりに石造物関係の分厚い本二冊を借りてしまいました。

15:00早足で広小路経由で飯能駅へ向かい、改札で待っていると、「お待たせしました~」の声が聞こえきて、Mさんたちと初対面です。

登山詳細図全種類買っていただきました。

しかもサイン入ということで…。

製作の苦労話などして、感謝の気持ちを送ります。

本当にありがとうございました!

お二人にお話をうかがったところ、冬場は、奥武蔵のような低山が良いので、来ているということでした。

なるほど、確かに冬場の奥武蔵低山は、登山適期です。

かくいう私も、この時期の踏査は、飯能周辺ということにしております。
武甲山や武川岳など標高の高い山は、もうちょっと暖かくなってからですね~。

というわけで、明日は土休日回数券(14枚入)を間違えて買ってしまった西吾野へと通います。
そろそろ、三社峠(みやしろとうげ)付近を終わらせてしまいたいですね~。
予想外の指導標設置コース二本を見つけてしまったので、時間がかかっております。

雪の風影

西吾野駅~大久保峠~志田~高山不動~虚空蔵山~八徳~顔振峠~吾野駅

7:00~15:30

s8250109.jpg
雪の風影

今日は11時から雪がザンザン降って来て、車道踏査に切り替えました。
雪の風影っていうのもなかなか見られない光景なので、それはちょっとだけ良かったです。
水墨画の世界?
山上集落ってやっぱりいいなと思います。
なぜ魅かれるのかわかりませんが…。
顔振峠の茶屋はこんな雪でもお客さん来てましたね~。

レポも書きたいのですが、なかなか時間がありません。
明日は晴れの予報だから、高麗周辺の踏査に行きたいのですが、もう時間も遅いですから行けるかどうかわかりません。

消えた四寸道 2015.2.7

今日は、西吾野駅~吾笑楽~パノラマコース~石地蔵~不動茶屋~花立松ノ峠~黒山三滝~火の見下バス停~横吹峠~越生駒ヶ岳~御岳山~七曲り峠~高山不動~萩ノ平茶屋跡~西吾野駅
と踏査しました。

7:00~16:30

ずっと歩いていたわけではありませんが、9時間半も山中にいたようです。
一旦黒山に下ってから登り返すのは、さすがにきついですね。
四寸道(しすんみち)は、地味なようですが、いくつか気になる山が散らばっていますので、また行かなくてはなりません。
アリの戸渡と呼ばれる難所も行きたいです。
四寸道の名の由来ですが、諸説あって、岩の間を行く道で、その幅が4寸だからだとか色々あります。
その岩の間ってのが今回の踏査では見当たらなかったので、確証の無い由来ですね。
林道に寸断されている区間もあるので、もしかしたらそこに岩の間の四寸道があったのかもしれませんが、今となっては確かめようがありません。
とにかく、この道は、雪が消えたらもう一度踏査します。

以前、七曲り峠に来て、四寸道が越えていたのですが、グリーンライン付近がどうも曖昧です。
今回は、その疑問を解消すべく、関八州見晴台には登らずに確認してみることにしました~。
物好きですね~。

七曲り峠からグリーンラインの方へ向かうと、最初は踏み跡がはっきりしていたものの薮が出て来て、徐々に踏み跡が細くなってきます。
緩やかな下りで、グリーンラインが近づくと、作業道のようなか細い踏み跡になり、とにかく藁をもつかむ思いで、強引に行ってみます。
谷筋っぽいところに出て、踏み跡が消えてしまい、ザレを横切ってみましたが、踏み跡は見当たりません。
面倒なので、そのままグリーンラインに降りようとしましたが、2mほどの擁壁の上に立ち、ジャンプしても良かったのですが、足を怪我する可能性もあるので、慌てて来た道を戻りました。

s8240180.jpg
下はグリーンライン、四寸道寸断地点

七曲り峠付近から薮道で強引にグリーンラインに降りて、先ほど冷や汗をかいた場所を恨めしく見上げます。

s8240182.jpg
四寸道寸断地点をグリーンラインから見上げる

時計は15時です、もう下山を開始しなくてはなりません。
明日も踏査がありますし…。

不動茶屋の上には、古い道標があります。

s8190167.jpg
不動茶屋上の古い道標

s8190168.jpg
不動茶屋上の古い道標

これがもしかしたら、四寸道の道標なのかもしれません。

『ものがたり奥武蔵 P175』によれば。

「グリーンラインから高山不動へ下る広場は鳥居といいますが、そのわずか上方に四寸道の名残りがあって、古い道しるべが残されています。

東 さんげどうへ 壱里十二丁 寛政七年」

とあり、さんげどうというのは、越生の下戸(さげど)橋近くに薬師様があり、それを山の下の堂、つまり山下堂(さんげどう)といっていて、四寸道の入口だということです。
横吹峠~山下堂は採石場があって現在は歩けません。

中間は、林道で寸断されているし、ちょっと可哀想な古道です。
残っている部分があるだけでも奇跡かもしれませんが…。

というわけで、七曲り峠から高山不動の区間は完全に寸断されていて、歩けません。

完全な廃道です。

グリーンラインができる前に歩いてみたかったです。

2015.1.29~2.2の踏査記録

2015.1.29(木)晴れ
 中沢バス停~権五郎神社~堂平山~六ツ石ノ頭~スルギ~浅見茶屋~小床峠~西吾野駅

2015.1.30(金)雪のち雨
 長久保坂、大高山作図

2015.1.31(土)雪のち晴れ
 西吾野駅~不動三滝~関八州見晴台~花立松峠~高山不動~車道~吾野駅

2015.2.1(日)晴れ
 黒山駐車場~顔振峠~傘杉峠~黒山三滝~黒山駐車場

2015.2.2(月)晴れ
 東吾野~天覚山~かまど山~久須美坂~かまど山~武蔵横手駅

こんな感じで毎日踏査しております。

明日は、久須美坂~多峰主山踏査の予定です。
天覧山踏査の後は、いよいよ西武線北側の山々に移って行き、高麗駅から奥へ行こうと思っております。
当分の間、土曜日は、諸事情により、西吾野からの踏査で、日曜日は、西武線沿線外の踏査ということにしております。

まだまだ終わりが見えて来ないですけど、「継続は力なり…」です。
s8190113.jpg
1.31 関八州見晴台付近
         
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。