スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穂高書房へ 2016.12.29

どうも、長い間、更新が止まってしまい申し訳ありませんでした。
まずは年末のできごとからお話ししようかと思います。

2016年12月29日は、会社も仕事おさめで早く終わってしまい、夜勤明けの6時に帰宅となってしまいました。
友達と打ち上げの約束があり、その後、穂高さんへ行こうかな~と。
山じゃないですよ、古書店の方ですよ。念のため。(笑)

今回は、朋文堂のマウンテンガイドブックシリーズを買いに~!
昔のガイドブックは内容がマニアックで、濃い~んですよ。
研究者が手に取るような本と言えばわかりやすいでしょうか。
今となっては、知りえない情報の宝庫なのであります。
本棚を整理したら、いくつかダブリがあることに気が付きました。
ネット通販で買ったり、穂高さんで買ったりしたやつがダブってしまったようです。
好きな山域の本があると、興奮して我を忘れて買ってしまうんですよね。
救いなのは、発行年が違うということで、内容も若干違っているところですかね。
まあ、違いはほんとに若干なんですが…。
ダブリ防止のために、今回は写真を撮って行き、向こうで照らし合わせしようかと思います。
いちいちメモるのも面倒なんで…。

s9400001.jpg
南アルプスが三冊もあるのは、間違えて買ってしまいました。(*^▽^*)ゞ

s9400002.jpg
立山、上高地も二冊ずつあります。やばいやばい…。

9時に友達と待ち合わせ、パン屋さんへ。
ここのパン屋さんいつも呼び込みしてんだよね。
行ってみたいなと思いつつ、機会が無かったけど、今日行けました。
雰囲気の良いパン屋さんでしたよ~。

その後、モスバーガー行って、ドトール行ってくっちゃべりまくりました。

s9400004.jpg

更に場所を変えて、デパートでショッピング~。

ハンカチの好みをしつこく聞いてくるな~???
と思ったらプレゼントされてしまいましたよ。
ありがとう。
この手は自分がプレゼントする時も使えるかも…。

雰囲気の良い喫茶店で、またもやくっちゃべり、13時過ぎにお別れして、阿佐ヶ谷へ。

s9400006.jpg

sDSCF2675.jpg
『北アルプスの史的研究 中島正文 著 桂書房』定価9500円 価格5000円 昭和61年7月15日発行

まず目を引いたのが、函の絵図ですね。
なんだこりゃと思って、手にとって読んでみたら、鷲羽岳が二つあったとか、五六岳がどうのとおもしろいことが書いてあり、買うことにしました。
値段を見るとちょっと高い…。
「ちょっと高いな~」と文句を言うと、ちょっと待ってね~。とおっちゃん。
函に絵図が書いていないバージョンが出て来て、こちらの方が安いですよ。
絵図は、別冊付録でちゃんとありますので、函の絵図はいらないなあと思い、安い方にしました。
函は無地ですが、中にちゃんと絵図が入っているのでバッチリです。
白馬岳とか昔は山名が曖昧だったらしいから、それを調べるのにも良いかと思います。
奥武蔵にも五六峠というのがあるので、やっぱり気になってしまいますよね。
五六岳は爺ヶ岳のことらしいですよ。
佐々成政の峠越えについても書かれおります。

sDSCF2676.jpg
『丹沢記 吉田喜久治 著 岳(ヌプリ)書房』定価2600円 価格2000円 1983年5月15日発行

目次を見たらいきなり、タナ・ザレ・ボサと興味をそそる文字があったので買うことにしました。
普通の紀行文じゃ、タナ・ザレ・ボサからは始まりませんよ~。

エビラ沢の由来とか、今まで気になっていたけど、解明できずにいた地名の由来がズラリと解説されております。
地名に興味がある方は購入して損はないかと思われます。
棚ノ入山とか、道志方面もちょこっと載っているのが嬉しいです。
植物系の地名が多いという指摘はなかなか鋭いなと感心してしまい、その他アイヌ語も引いているところが共感してしまいます。
大タギレが大タッキリとなっているのも興味深いです。

sDSCF2677.jpg
丹沢記 目次(一部)

sDSCF2678.jpg
『登山案内 鉄道省編集 博文館』定価2600円 価格500円 昭和12年4月5日発行

伝説の山岳名著、『日本山岳案内』シリーズが出る前の日本各地の名山について書いてある本です。
やけに安いなあと思ったら、仙ノ倉山の一部が破けておりました。( iдi ) ハウー
『日本山岳案内』ほどの緻密さはありませんが、鉄道省の本ということで買ってしまいました。

sDSCF2679.jpg
『山と集落 舞田一夫 著 集団形星』定価800円 価格3800円 昭和44年7月15日発行

おっちゃんが、タイトルが良くないから売れないんだよなあ。とぼやいておりましたが、まさにその通りで、タイトルはつまらなさそうですが、中身はなかなかおもしろいですよ。
例えば、奥武蔵武甲山の南にあるシラジクボの由来ですが、シラジとは擂鉢のことで、橋立川上流の地形のことで、鞍部の名ではないとのこと。
シラジクボについては、今までまったく解明できなかったのですが、この本のおかげで喉につっかえていた小骨がとれたような気分です。
今、ネットで調べたら、3240円と2000円の二冊だけありました。

sDSCF2680.jpg
山と集落 目次

sDSCF2681.jpg
『磐梯・吾妻・安達太良山 マウンテンガイドブックシリーズ 12 朋文堂』定価150円 価格1000円 昭和30年7月20日三版発行

マウンテンガイドブックシリーズを買うのが目的だったのですが、持っていなかったのはこの本だけでしたね~。
なかなか全冊そろえるのは難しいなあ。

sDSCF2682.jpg
『1951 夏山とハイキングガイド 山本偦 編集 東京登山とスキー普及会』定価35円 価格1000円 昭和23年7月1日発行

戦後の物資不足の中、なんとか発行したというガイドブックで、紙質は劣悪でボロボロで、見ていると破けそうで、怖くて見れません。
ページ数が限られているためか、ちょっとした山の紹介程度で、お世辞にも参考にできるとは言えない代物です。
資料的価値も無い本ですが、私以外に誰も買わないだろうと思い、買ってあげる?ことにしました。

sDSCF2683.jpg
1951 夏山とハイキングガイド 目次

sDSCF2684.jpg
『山小屋造った…ネコも来た! 西丸震哉 著 文藝春秋』定価340円 価格300円 1985年1月25日発行

どこに山小屋を作ったのか、どうも鹿島槍が見える山麓らしい。
人を食ったような文体がなかなか面白いのです。
会社の同僚が「山好きなら西丸震哉さんの本を読みなよ」と言って渡されたのが、次に紹介する『さらば文明人』でこれがなかなか面白い。
それで、この人の本を他にも読みたいなと思って探してみたら、この一冊が置いてあったので購入しました。

sDSCF2685.jpg
『さらば文明人 西丸震哉 著 角川書店』定価340円 価格無料 昭和57年12月30日発行

会社で仲良くなった同僚に「山好きなら西丸震哉さんの本を読みなよ」と言われて手渡されたのがこの本で、何度も読み返したらしくかなりボロボロで手垢にまみれた本。
著者もこれだけ汚れるほど読まれれば本望ではないかと思う。
山歩きの本当の楽しさについて書かれており、ニューギニアを探検した時の紀行文。
日本兵の鉄カブトや墜落した軍用機の残骸を見つけたりしている。
山歩きとは、本来自分で調べながら冒険するのが楽しいということを思い知らされます。
ちょっとトゲのある文体が、時々脇腹をえぐって行きます。(笑)
スポンサーサイト

穂高書房へ 2016.8.31

この前、本棚を買って、長期にわたって山岳古書が山積みでしたが、本棚に収めることができ、すっきりしました。
今までは、本を探すのも大変だし、山積みの途中から本を抜き取るのも大変でしたが、これで探しやすくなります。
本棚に並べてみたら北アルプス関係が多くてびっくりです。

こんな本、無駄に買ってたんだ~?

今年も北アルプスには行けそうにありませ~ん。
とほほ…。
( iдi ) ハウー

sDSCF4153.jpg
手前の本

sDSCF4154.jpg
奥の本

他の本棚が空っぽなので、だんだん寂しくなってきました。
う~ん、これは悪い癖が出始めたぞ~。
空白の本棚を埋めるべく、久々に穂高書房へ出かけることにしました。
なんか、趣旨がおかしいですけど…。(*^▽^*)ゞ

本棚を埋めるために古書を買いに行くことに~。

ジョージタウンで飲み会があるので、そのついでにってこともあります。

銀行で軍資金を手に入れて、いざ戦場へ~!

sDSCF4144.jpg

台風の日は、お休みしたそうですが、前日の雨の日は営業していたそうです。
でも客足はなかったそう…。
やっぱり雨の日って本が濡れそうだから買う気になかなかなれないですよね。

宮内本初版は売れておりましたが、復刻版3800円と奥秩父回帰3800円は残ってます。
それとも一旦売れて、また仕入れたのかな?
前回が昨年12月だからかなり長期で行ってませんでした。

sDSCF4145.jpg
3800円の本が並ぶ

『南アルプスと奥秩父 改造社』は通販で5250円で購入したものを持ってますが、ここでは3800円ですよ。
(|||_|||)ガビーン
しかも、ここの方が状態が良いです。

昔のガイドブックを中心に17冊と地図を7冊、合計19000円で少しおまけもしてもらいました。

17:30におっちゃんと別れて、吉祥寺へ~。
ガード下のおしゃれなお店を見ていたら迷ってしました。
若者が多くて、渋谷みたいな賑わいです。
ハモニカ横丁とか気になります。
人通りが多いのに、バスが来るから、ガードマンがやたらとうるさいです。
ここの交通事情はなんとかしないといけないのでは?

古書店にも入りましたが、やはり山岳書はわずかで、最近のガイドブックばかりです。

そういえば、新刊のガイドブックで『高尾山と中央線沿線の山 山と渓谷社』は良いですね。
八重山とかあまり取り上げられない山がカラー写真入りで入っているのは良いです。
ただ、高価で手が出ませんので、古書になるのを待ちます。(笑)

あちこち迷っていると、同じく迷っているナナメさんと偶然遭遇して、お店へ行くことにします。

sDSCF4146.jpg
安安で打ち合わせ

ドラえもんの歌に出て来そうなお店ですよね。
なんか甘えたくなってきます。
アーン!って食べさせてもらえそう?

踏査メンバー10人ほど集まって、焼肉をいただきました。
うまかったな~。

二次会は、羽幌っていう北海道がテーマの居酒屋です。
そういえば、前に勤務していた居酒屋の店長も北海道の羽幌出身だったから何か関係があるのやもしれません。

落ち着いた店内でゆっくりすることができて、個人的には好きなお店です。
特に焼き魚がうまかったですよ。
これと日本酒が合います!

sDSCF4148.jpg
羽幌で二次会

ここでは、意外と真面目に登山詳細図についての議論が盛り上がり、改善点も提起されました。
こういうラフな飲み会で、話し合うことで良い案が出て来ることもあるのですね~。
ということで、今後もじゃんじゃん飲みましょう!
( ^_^)/U ( ^_^)/U☆U\(^_^ ) U\(^_^ )カンパイ

sDSCF4149.jpg
今回買った本

穂高書房へ 2015.12.18

sDSCF9579.jpg
サンキュー天丼 390円

どうも~すっかりご無沙汰になってしまいました~。
責任ある立場の仕事につくと、なかなか時間を作るのが難しく、ネットがほとんどできませんでした。

今日、金曜は待ちに待っていた休日&給料日なのです。
どんどん部署が変わって、難しい仕事になっているので、おかげさまで、5ヶ月連続昇給です。

13時に起きて、阿佐ヶ谷へ向かいます。
銀行で軍資金を得た後、本屋での格闘に備えて腹ごしらえをしておきます。
いつもは、松屋の牛丼サラダセットなのですが、今日はてんやへ行くことにしました。
そしたらなんと!今日はてんやの日で、天丼が390円!
迷わずサンキュー天丼を注文。
店内も混み込み合っており、次々に来店してくる人がみなサンキュー天丼を注文しておりました。
ほんとはアナゴが大好物なので、アナゴ天丼を食べたかったのですが、メニューが見当たりませんでした。
後で調べたら、てんやの日は、サンキュー天丼とゴーゴーセット?のみの限定メニューなんだそうです。
まあ、アナゴはまた次の機会かな?
100円割引券ももらったし。

てんやの天丼は、たれがうまい!
ザッツジャパニーズフード!
って感じです。
日本人で良かった~!
と思えるような味です。
食べていると、「タレ多めで~」というお客さんが多く、私もタレ多めにすれば良かったと思っていたら、「すいません、食いかけですけど、タレもっとかけてください」というツワモノも出て来ました。
店員さんもびっくりして、クレームと勘違いして、「新しいものにお取替えしますか?」とお客に聞く始末…。
「いえ、そのままでいいんで、タレをもっとかけてください!」との堅実な返答に納得しつつ、さすがにマネはできないので、近くの醤油瓶に入っているタレをかけまくりました。
天丼のタレだけでご飯三杯はいけそうです。
オクラのてんぷ~らが意外とうまかったです。
衣のサクサク感とオクラのネバネバが絶妙。

店員の話を聞くと、今日は朝からず~~~~っと天丼をあげっぱなしなんだそうです。
だから、注文すると、2分くらいで出て来ちゃうんでびっくりします。
本格的な天ぷらって15分くらい待たされるでしょ?
お客が来ることを見越して、どんどん揚げまくっているようです。
注文受けてから揚げると時間がかかるから、メニューを限定して、すぐに出せる体制を維持しているようです。
なるほど、天丼一品だけで勝負というのもなかなか良い狙いです。
でも、アナゴ食いたかった~。
ってまだ言ってるし~。

お会計時、390円+外税かと思ったら税込み価格だったんで、飛び上がりそうになりました。
こりゃあ安いわ!
ついでに、早い、うまいの三拍子が揃っております。
枚数限定の100円割引券もいただいたので、今度、穂高書房へ行く時は、またこのお店になりそうです。
今度こそアナゴ~~~~~…。

今日は天丼がうまかったな~。
という話題では無く、古書を買ったお話しなんですよ。
少々脱線し過ぎましたね。
山と関係ない話で盛り上がってどうするんや~?

sDSCF9580.jpg
穂高書房

穂高書房へ行き、本棚を覗くと、田島本、奥秩父回帰、日本山岳案内等が売れちゃってました。

sDSCF9581.jpg
田島本と奥秩父回帰が売れていた

奥秩父回帰は2冊あったけど、残り1冊ですね。
私の古書収集仲間が買って行ったようです。

おっちゃんもだいぶ元気になってきたようで、顔色がだいぶよくなっておりました。
相変わらず禁煙してますけど…。

sDSCF9583a.jpg
今日買った本、15000円 ダブリが多かった

今日は、お見舞金も兼ねて、47000円分の本を買いました。
15000円分はお持ち帰りできましたが、32000円分は箱買いなので、後日郵送で届く予定です。
帰宅してから買って来た古書を棚に並べていたらダブリが数冊ありました。
中には同じ本が三冊っていうのもあります。
蔵書目録を見ながら買ったんですけど、時々やってしまうんですよね~。
次の給料日は、来年か~。
それまで緊縮財政でしのぎます。

明日は久しぶりに会う山仲間と奥多摩の高水山周辺へ出かける予定です。
時差ぼけをなんとかしないとな~。

穂高書房へ 2015.12.11

sDSCF9569.jpg
久しぶりの穂高書房へ

地図も完成したし、仕事も軌道に乗って来たので、おっちゃんの様子でも見に行こうと思い、13時に起きて阿佐ヶ谷の穂高書房へ向かいました。
店の前で写真を撮ろうとしたら、こちらを見つけたおっちゃんが「お~い!」と手を上げます。
マスクなんかしちゃって風邪でも引いたのかな?
と思ったら、病気治療で夏と秋に二回ほど入院していたらしい。
山登りの最中に、肺が苦しくなってしまったので病院で診てもらったら病気が分かったとのこと。
店内にも漂ってきていた濃い~感じの煙草の煙。
さすがに煙草はやめたそうです。
原因は煙草ですか?
と聞いたら、「違うよ~」と苦笑いしながら返答するおっちゃん。

入院治療中は、店を閉じていたらしいのですが、本の数はなぜか増えております。
今までなかなか手に入らなかった本がけっこうありますよ。
奥秩父回帰なんて二冊もあるし~。

sDSCF9570.jpg
奥秩父回帰が二冊もあるよ

何気なく本棚を見たら、なんと!
奥多摩三冊が揃って並んでいるじゃあ~りませんか!
田島本は箱付き美品ですが、最近の品薄を反映して、値が吊り上がっておりますね。
私のはボロボロの箱ですが、中身重視なので、6800円
棚に置いてあるのは、セロファン紙に丁寧に包まれていて状態も良いので、12000円
これを安いとみるか高いとみるか…。
喉から手と足が出ちゃうほど手に入れたい人は買っちゃうでしょうね。

sDSCF9571.jpg
奥多摩(宮内初版9500円、宮内復刻4800円、田島12000円、)

宮内本復刻版4800円で売られております。
手持ちのやつは3200円だからこちらも近年の品薄を受けて相場の値段が上がっているようです。
安い時に買っておいて良かった~。
4800円でも、今は非常に手に入れにくい古書なので、喉から手と足と腹が出ちゃう人は買ってしまうでしょうね~。
ちなみに私の腹は、少しだけ出ております。(笑)

宮内初版9500円は、田島本より安いっていうのが意外です。
昔は、現物を見る機会も無かったのですが、まだ売れ残っているのが不思議です。
確か前回、訪れた時にあったような気がします。

今回は、奥秩父関係のガイドブックを買い求めました。
破壊される前の武甲山には、様々なコースがあり、全体の1/3ものページを割いて紹介しております。
今では奥武蔵の山として定着しておりますが、荒々しい山容から奥秩父の山とされていたのです。

sDSCF9578.jpg
今日買った本、総額9700円

入院している妹に見せびらかしたら、「ま~たしょうもないもん買って~」と小姑のように叱られてしまいました。
たとえ山に行くお金が無くなろうとも、生活が困窮しようとも、古書にかけるお金を惜しんではなりませ~ん!
今月は、古本まつりでも散財してしまったので、明日から給料日まで緊縮財政でしのぎま~す。
( iдi ) ハウー
         
奥武蔵登山詳細図コースガイド

アクセスカウンター

山名索引

あいうえお順で山名を探せます!

検索フォーム

プロフィール

池田 和峰

Author:池田 和峰
2015年から奥武蔵登山詳細図を手伝うことになりました。

奥多摩登山詳細図(西編)などに名前が載っています。

メアド:climberkaz@gmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。